rega レガ アナログプレーヤー Planar1の口コミレビュー

私が「rega P1」を買う前に悩んでいたのは~まず見た目(ルックス)が良いもの。

部屋に置いた時を想像して見た目が良くないと飽きてしまうので。

それと価格(30,000円前後)で悩みました。

日本製でもその価格帯で良い物があったのですが、どうしてもシンプルさに欠けている部分が見え隠れしたので、この「rega P1」に決めました。

私が「rega P1」を買って解決したことは昔、操作とセッティングが大変な、高級なレコードプレーヤーを使用していましたが売ってしまい、レコード盤だけが残りました。

レコードプレーヤーを売って数年経ち、またレコードを聴きたいという気持ちが大きくなっていき、気軽に聞けるレコードプレーヤーを購入し、またレコードで音楽を聴けるようになりました。

私が迷った商品は、購入金額を30,000円前後ということで設定して色々調べましたが、中古も合わせて十数種類を選択肢に入れて検討しました。

私が「rega P1」を購入した決め手は、まず「ルックスが良い」という事です。

とにかくシンプルな形状で無駄を排除した形が気に入りました。

表面はアームの上下のレバーがあるだけで、スイッチなどがありません。

それと、セッティングも簡単なところです。

「rega P1」を使った感想は、簡単に、何も難しい事を考えずにレコードが聴けるという点です。

ON/OFFスイッチも本体の下に隠れるように設置してあり「見た目重視」にしてあるので、とても所有した満足感を得られると思います。

仕事中に・夜に趣味をしながら・酒を呑みながら、レコードに針を落としその行程までを楽しみます。

この「rega P1」を使うときの注意点は「フォノプリアンプ(針から拾った音を増幅する回路・装置)」が付いていませんので、接続するアンプに「フォノプリアンプ」が内蔵してあるか?を確認する必要があります。

もしメインアンプにこの「フォノプリアンプ」が内蔵していない場合は「rega P1」と「アンプ」の間に「フォノプリアンプ」を設置しないと音が出ません。

それではどうするか?ですが、別売で安いフォノプリアンプでしたら3,500円から数千円で購入可能です。

フォノプリアンプを購入しなければならない場合は購入する予算も考えましょう。

それと、この「rega P1」には、購入時にEP盤(45回転)を聴く時に使用する「シングルレコードアダプター」も付属しておりませんのでそれも購入する必要があります(数百円?からいろいろあります)。

LPとEPの「回転数の切り替えスイッチ」がありません。

それではどうやって回転数を変えるか?ということですが、「ターンテーブル(レコード盤を載せる回転台)」を外してゴムベルトをプーリーの上段・下段に掛けかえる方法です。

それが面倒な方は日本製を買われたほうがいいです。

この「rega P1」を使ったほうがいい人は、とにかく見た目・生活に洗練された物を使いたいという気持ちが強い人用かもしれません。

「rega P1」はイギリスのメーカーなので、舶来物という点でもなんとなく満足感・優越感を得られると思います。

あと、セッティング・操作はシンプルなのですがフォノプリアンプが別途必要など、少し「オーディオに詳しい人」が良いかと思います。

オーディオに詳しくない、接続が苦手という人はあまりオススメしません。

とにかく見た目がシンプルで、フォノプリアンプを合わせると30,000円を軽く超えますが、ブランド(イギリス製)・見た目・所有する満足感等を考えると良いかもしれません。

この価格帯で、これほどのルックスのレコードプレーヤーはこれかな?と思います。

あとは実際にご覧になってお決めください。

タイトルとURLをコピーしました