山本電気 精米機 匠味米 MB-RC52の口コミレビュー

私が精米機を買う前に悩んでいたのは、お米の値上がりと、毎日食べるお米は美味しいものを食べたい、ということでした。

以前は10キロ3500円くらいで買えていたお米が、今では4000円くらいして、どんどん値上がりしていくなと感じていました。

私が精米機を買って解決したことは、米購入費を抑えつつ、以前より良いお米を買えるようになったことです。

以前は精米済みのお米をスーパーで10キロずつ買っていましたが、近くの道の駅で特別栽培米の玄米を30キロ単位で購入する事で、購入費は増えることなく美味しいお米が食べられるようになりました。

私が迷った商品は、高価格帯の精米機です。

私が買ったものは1万円程度のものでしたが、価格が高い方が精米度合いがより多く選べるようでした。

一度買ったら数年は使えるものなので迷いました。

私がその精米機を購入した決め手は、価格と機能のバランスと、購入サイトでのレビューが良かったことです。

機能がたくさんついた方も検討しましたが、毎日のことなので決まった機能しか使わないだろうし、それには十分すぎるコース選択がありました。

また、楽天市場で購入する際にレビューを見ていたら多く方が購入し高評価でしたので、この商品に決めました。

精米機を使った感想は、簡単に使えて時間もかからないということです。

玄米を入れてからはボタンを2箇所押せば精米がスタートしますし、一回にかかる時間は2~3分程度だと思います。

1~2日に一度お米を炊きますが、億劫になることなく使えます。

玄米用の計量カップも付いているので簡単に計れます。

音はすごく小さいというわけではないので、赤ちゃんやペットがおられる所はびっくりしてしまうかもしれないです。

精米機を使う時の注意点は、ぬかを貯めておく専用容器を用意した方がいいということです。

取れたぬかは精米機の中の取り外し可能な部分に溜まっていくのですが、それが丸い形をしているので、三角コーナーやスリムなゴミ箱に捨てるとぬかがこぼれてしまうと思います。

私は丸い形の専用容器を用意しました。

精米機を使った方がいい人は、はじめに少し費用をかけてでも美味しいものを食べたい方です。

精米機自体は安くても7千円くらいはするので出費なのですが、長く使えば十分元はとれると思いますし、何よりお米が美味しいです。

お米は毎日食べるものなので、美味しいとご飯の時間が幸せです。また、思ったよりは手間と時間もかからないと思います。

場所もコンパクトでA4用紙一枚に収まってしまうくらいのサイズ感です。

生活をちょっと贅沢にしたい方には本当におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました