FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2の口コミレビュー

私がFUJIFILM X-Pro2を買う前に悩んでいたのは、一眼レフの光学式ファインダーをのぞきながら撮った時の出来上がりの差異(ボケ具合や色味)がなかなか埋められず困っていました。

しかしミラーレスでなかなか自分好みで、尚且つ持っているフルサイズの一眼レフと同等のカメラに出会えずにいました。

私がFUJIFILM X-Pro2を買って解決したことは、ミラーレスは電子ファインダーなので撮ったときのそのままの画が出来上がるということです。

これによってかなりストレスフリーになりました!

しかもAPS-Cとは思えない美しい画作りで、フルサイズの出番が徐々に減ってしまいました。

私が迷った商品は同じフジフイルムのX-T2です。

X-PRO2と同じくクラシックな外観で使用しているエンジンは同じなので出来上がる画は同じものができます。

あとは発売時期や使用感、(私の場合はシャッター音や、持った時の手のフィット感などが重要でした)細かい機能などが違うので、実店舗で2機を触りまくって悩んで悩んでX-PRO2に決めました!

私がX-PRO2を購入した決め手は何と言ってもその見た目のカッコよさ!美しさです!

写真を撮る機械なのにカメラ本体を撮りたくなってしまう、X-PRO2に魅了された人はそんな不思議な魅力に憑りつかれています。

最近のカメラのような便利なバリアングルも無いですし、見やすいファインダーではないのですが、そんな不便なところも全部ひっくるめて好きになってしまう。

それがX-PRO2の魅力です。

X-PRO2を使った感想は、まず色が綺麗で感動しました。

ずっとフィルムを作り続けてきたフジフイルムならではの色だと思います。

人間の肌の色も、自然の中の緑や青などの色、花などの鮮やかな色、どれも美しく撮ることができます。

カメラのメーカーによって色の出方は特徴があると思いますが、フジの色味は万人受けする色味ではないかと思います。

X-PRO2を使うときの注意点は、やはりミラーレスカメラの宿命でバッテリーのもちは良くないので、予備のバッテリーは必ず持ち歩いたほうが良いです。

素晴らしいシャッターチャンスの時にバッテリーが!なんてことになりかねないので。

X-PRO2を使ったほうがいい人は、これからカメラを始めたい人にも、サブカメラを探している玄人さんにも、どんな方にもおすすめできるカメラですが、見た目が特徴あって好みが分かれるので、見た目がドンピシャで好き!という方には自信をもっておすすめできます!

逆に使わないほうが良い人は、X-PRO2はシャッタースピードやISO感度、露出補正などはすべてダイヤル式でわざわざそういう仕様にしているので、ボタン一つの簡単機能や、バリアングルなど便利さを求めている方には向かないと思います。

迷ったらまず実店舗に行って触ってみてほしいです!

思っているより重いかもしれませんし、シャッターの音などは実際に聞いてみないとわかりません。

カメラを単なる写真を撮る機械、ではなく相棒として選ぶとしたら、X-PRO2はかなりオススメです。

お弁当箱みたいな見た目も好きになってしまえばもう虜。

持ってるだけで所有欲も満たしてくれて、撮ると素晴らしい画作りをしてくれる、それがX-PRO2です!

タイトルとURLをコピーしました