パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53の口コミレビュー

私が、家庭用生ごみ処理機を買う前に悩んでいたのは、可燃ごみの日まで生ごみを捨てられないということです。

生ごみを袋に入れて、ごみ箱に捨てると、汚い水がポタポタ落ちて、ごみ箱周辺も汚れます。

夏は、臭いが気になり、虫が湧いていることもありました。

私が、生ごみ処理機を買って解決したことは、生ごみを気にせず料理が出来ることです。

可燃ごみの日が気にならないので、夕食のメニューを考えることが楽になりました。

魚料理も増えました。

旅行などで数日家を空けても気になりません。

私が迷った商品は、パリパリキューブライトです。

パナソニックより、安いし、コンパクトでかわいいのですが、処理に時間がかかるらしいので、パナソニックの商品に決めました。

私が生ごみ処理機を購入した決めては、自治体から補助金がもらえるということです。

私の住んでいる自治体では、2万円の補助金がもらえました。

役所に領収書を送ったり、手間はかかりますが、長く使うものなので、高くても気に入った物を選ぶことが出来ました。

処理したごみは、肥料として使えるので、ガーデニング好きな人から、ゴミを欲しいと言われることもありました。

ごみの量が減りました。

ごみから水が落ちることもないので、主人にゴミ出しを頼みやすくなりました。

夜中にタイマーで利用していますが、音や臭いも気になりません。

ごみが8割ほど溜まってくると、掃除するようにしています。

だいたい2、3週間に1度の割合です。

ごみも乾いているので、ビニール袋に捨てやすいし、それほど手は汚れません。

捨ててからは、キッチンペーパーでふき取っています。

汚れのひどい時は、水で洗いますが、パーツは軽いので、それほど苦になりません。

生ごみ以外のものを入れることが出来ないので、捨てる時に、ゴム、ラップ、楊枝、紙などが混ざらないように注意しています。

貝や骨も処理できません。

生ごみ処理機を使ったほうがいい人は、毎日真面目に料理して生ごみの量が多い人。

生ごみのにおいが気になる人。

ゴミを出すのをさぼってしまう人。

出張や旅行などで、家を空けることが多い人。

生ごみを触りたくない人。

ガーデニングしている人。

もう一つ小さいサイズのN23というものあるようです。

家族が少ない人や、料理の頻度が低い人、マメに掃除できる人は小さいサイズでもよいと思いますが、なかなか販売していません。取り寄せになると思います。

処理時間は、平均2時間ほどです。

電気代も気になりません。

タイトルとURLをコピーしました