パナソニック 電気圧力鍋 SR-P37の口コミレビュー

私が電気圧力鍋SR-P37を買う前に悩んでいたのは、煮物の調理時間に時間がかかることです。

3歳と1歳の子供がいるのですが、調理に時間がかかると子供達がキッチンに入ってきて、鍋を触ろうとしたりするのでやけどをするのではないかと心配していました。

あと、調理時間を短縮して、他のことに時間を使いたいという気持ちもありました。

私が電気圧力鍋SR-P37を買って解決したことは、調理時間を短縮できて、色々な面でゆとりができたことです。

まず、子供がキッチンに入ってきて鍋をひっくり返してやけどをするという危険を感じることはなくなりました。

また、調理時間が短縮された分子供との時間をゆっくりととることができるようになりました。

私は迷わず電気圧力鍋SR-P37に決めました。

他にも電気圧力鍋を販売しているメーカーもあったのですが、私はパナソニックが一番信頼できると思ったからです。

私が電気圧力鍋SR-P37を購入した決め手は、私が求めていた以上の用途がありそうだったからです。

例えば、低温調理機能がついていて、肉の煮物を柔らかく作ることができます。

以前から、低温調理がテレビで紹介されることもあり気になっていたので使ってみたいと思いました。

電気圧力鍋SR-P37を使った感想は、まず調理が楽ということです。

今まで30分以上かけて作っていた煮物がほんの5分程でできてしまいます。

また、非電気式の圧力鍋は持っていたのですが、これは蒸気を抜いたりする必要があり手間がかかるのですが、この電気圧力鍋はそういったことが不要で、調理が完了したらすぐに取り出すことができます。

電気圧力鍋SR-P37を使うときの注意点は、料理によってかける圧力を切り替えなければならないことです。

この商品でお米を炊いたことがあるのですが、その時には低圧モードで調理しないと、お米がべちゃべちゃになります。

電気圧力鍋SR-P37を使ったほうがいい人は、やはり子育て世代の方です。

とにかく時間がかからないので子供と遊ぶ時間を増やすことができます。

火を使わないので、煮物をしている途中も完全に放置しても大丈夫です。

また、調理後も蓋を開けないと蒸気が出てきたりとかはないので、子供のやけどのリスクが減ります。

ぜひこの電気圧力鍋SR-P37を買っていただきたいです。

私は購入前は単純な圧力鍋として考えていましたが、低温調理ができたり、お米を美味しく炊くことができたりと思っている以上に様々な用途に対応しています。

タイトルとURLをコピーしました