Tenswall ハンディスチーマーの口コミレビュー

私がTenswallハンディスチーマーを買う前に悩んでいたのは、とにかく洋服のアイロンがけが億劫でたまらなかったことです。

そもそも家にあるのは20年前!に買った年季の入ったアイロンとアイロン台。

正直汚いから使いたくないし、使うにしても手先が不器用だからうまくシワを伸ばせません。

そのため出来るだけ洗濯後にシワを出来るだけ伸ばして干す、ということを心がけていましたが、おしゃれ着などが増えて干すときに整えるだけではシワが完全に取れなかったので、とにかくずぼらな私でも簡単に使えるアイロンを探していました。

私がTenswallハンディスチーマーを買って解決したことは、ミトンも買ったんですけど、服をハンガーに掛けたままアイロンがかけられて、スチームをサッとあてるだけで洋服のシワを無くすことが出来たことです。

私は迷わずTenswallハンディスチーマーに決めました。

洋服をアイロン台において、スチームを上からあてる製品もありましたが、上から押さえるとまた変なところにシワが出来るのでは?と思ったからです。

ハンガーに掛けたままは楽です。

私がTenswallハンディスチーマーを購入した決め手は、とにかく扱い方が簡単なことです。

蓋を取ってお水を入れて、蓋を閉じてスイッチを入れるだけで、1分くらい待てば、もう蒸気が出てきて準備OK!

後はやけどをするといけないので、ミトンを左手につけて、吊るした洋服にさ~っとあてれば、シワが伸びます。

Tenswallハンディスチーマーを使った感想は、面倒くさいアイロンがけが簡単に出来ることがとてもうれしいことです。

最近、衣替えの季節は断捨離することもあるのですが、着なくなった服はフリマサイトに出します。

その時にシワだらけの洋服と、シワをきれいに取った服とでは、写真を撮った時に見た目でちがうし、売れます。

シワの服はブランドでも売れませんでした。

Tenswallハンディスチーマーを使うときの注意点は、蒸気は高温なので絶対に反対の手にミトンをはめて下さい。

Tenswallハンディスチーマーを使ったいい人は、私みたいにアイロンがけが面倒だと感じている人にはおすすめです。

また、そんなに大きいものではないので、旅行などに行って現地で手軽にアイロンをかけたい人にもいいと思います。

スチームは約6分間、スーツなら1~3枚、Tシャツなら4~6枚かけられると思います。

この商品はただ単に洋服のシワを伸ばすだけでなく、「生きたダニに殺ダニ効果あり!」です。

衣類はもちろん、カーペット、布団、ソファーなど家じゅう様々な場所で使用できます。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にもおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました