Panasonic ビストロ NE-BS906の口コミレビュー

私がビストロNE-BS906を買う前に悩んでいたのは、それまで使用していた電子レンジが、回転テーブル式で庫内が狭いことや、食品の温めの際にムラがあるということでした。

もう10年近く使っていた物だったので、そろそろ買い替えねばという思いと、種類が多すぎてどれを選んだらよいかわからないこと、いいレンジは価格が高いことや、機能がたくさんあっても使いこなせないのではないかという不安もありました。

私がビストロNE-BS906を買って解決したことは、温め時間が短くなり、ムラもなくなったということです。

庫内もフラットになったので、ピザなどの大きいものや複数のお皿を入れて温めることもできるようになり、以前のイライラが解消されました。

私が迷った商品は、同じシリーズのNE-BS806という型番の商品です。

こちらの方が価格が安価だったため、悩みました。

私がビストロNE-BS906を購入した決め手は、デザインと機能の高さです。

扉の持ち手部分がウッド調になっており、迷っていた商品よりもお洒落でした。

温度センサーの精度が高く、自動でできるメニューも多かったので、こちらに決めました。

NE-BS906を使った感想は、便利で時短になるということです。

今までは、温まり方が弱かったりムラができてしまっていたので、庫内でお皿の位置を変えて温めなおすなどの作業が必要でしたが、1回のあたためで均一に仕上がります。

肉料理はほとんどが油不要で調理できる上に、素材のもつ余分な脂も落ちるのでヘルシーにできますし、焼き魚も、グリル皿に入れてボタンを押せばできてしまいます。

コンロ周りの汚れや部屋に臭いがつくのも気になりません。

NE-BS906お皿の大きさに対し、料理などが適を使うときの注意点は、お皿に入れる食べ物の量です。

適度に入っていれば問題ないのですが、入っている物が少ないと、あたためすぎることがあります。

NE-BS906を使ったほうがいい人は、めんどくさがりで時短を考えている人、レンジの置く場所を気にしている人です。

今までフライパンで鍋で調理していたことが、耐熱ボウルや付属のグリル皿などに、食材や調味料などを入れて、あとはレンジに任せることができるからです。

置く場所も、レンジ上18センチくらいと前さえ開いていれば、左右と後ろは、スペースをつくる必要がありません。

機能がたくさんあっても使いこなせないだろうと思っている方でも大丈夫です。

私自身も、そう思っていました。

付属のレシピ本を見ることもありますが、それも材料と野菜を切って調味料とともにボウルに入れることなどが書かれていることがほとんどで、あとは自動メニューボタンを押せばいいからです。

よく使われるであろう自動メニューはレンジの扉に書かれていますし、スチームなら水の確認や、グリルなら付属のグリル皿を何段目にセットすればよいのかなども、モニターで教えてくれるので、とっても簡単です。

タイトルとURLをコピーしました