シャープ 冷蔵庫 SJ-W412D-Sの口コミレビュー

私が「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を買う前に悩んでいたのは、家族4人で使っても余裕のある容量であることと、両開きドアであることでした。

でも、電気量販店では最新型しかチラシ広告には掲載されておらず、買い替えるまでに結構長期間がかかりました。

私が「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を買って解決したことは、キッチンの奥で冷蔵庫を置いて使えるスペースが限られていたため、片開きドアの場合はどうしても体が当たったりコンロで調理中の立ち位置に制限があって困っていたのです。

それが、この両開き式冷蔵庫にしたことで、わずかなスペースや立ち位置であっても開くドアの左右方向を変えられるのですっきりと解決しました。

私が迷った商品は、とにかく最初から両開きドアで400リットル以上の容量のものと決めていたので、そのライバルのタイプはわりと限られていました。

なので、それらの中の一番安くてメーカー品であるという条件から、今回購入の「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」に迷わず決めることが出来ました。

私が「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を購入した決め手は、とにかく最初から両開きドアで400リットル以上の容量のものと対象を決めていたので、そのライバルのタイプはわりと限られていました。

なので、それらの中の一番安くて信頼のおける有名メーカー品であるという条件から、400リットル以上の容量と種類が少ない両開きドア、単体での販売価格が10万円前後という3条件の合致する商品があったので決めることが出来ました。

「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を使った感想としては、とにかく最初から両開きドアで400リットル以上の容量のものと対象を決めていたので、その容量にはほぼ満足でした。

機械としての信頼性についても、有名メーカーの製品というネームバリューから安心感がありました。

イメージ通りにキッチンの空きスペースにぴったりおさまりましたし、ガスコンロの向かいで調理時の動線などにも不自由さは感じず満足しています。

「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を使う時の注意点としては、両開きドアの宿命らしいのですが、開閉時のロックがけっこう振動をもたらすことでした。

「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を使ったほうがいい人は、キッチン回りで冷蔵庫を置いて使えるスペースが限られている場合や、片開きドアの場合はどうしても体が当たったりコンロで調理中の立ち位置に制限があって困っている人です。

それが、この両開き式冷蔵庫にしたことで、わずかなスペースや立ち位置であっても開くドアの左右方向を変えられるのですっきりと解決しますよ。

キッチン回りで冷蔵庫を置いて使えるスペースが限られている場合や、片開きドアの場合はどうしても体が当たったりコンロで調理中の立ち位置に制限があって困っている人でしたら、この「シャープノンフロン冷凍冷蔵庫 SJ-W412D-S」を使ったほうがいいですよ。

それらの問題が、この両開き式冷蔵庫にしたことで、わずかなスペースや立ち位置であっても開くドアの左右方向を変えられるのですっきりと解決しますよ。

おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました