ダイキン 加湿機能付 空気清浄機 MCK70RYの口コミレビュー

私が、ダイキン加湿機能付き空気清浄機MCK70RY-Wを買う前に悩んでいたのは、他の低コストメーカーの空気清浄機とどちらを購入しようかでした。

最終的には、加湿機能のついたダイキンの空気清浄機に決めました。

私がダイキン空気清浄機MCK70RY-Wを買って解決したことは、加湿器としての役割を持つ性能と空気清浄機能の両方の機能を持つ白物家電を購入し、冬の乾燥対策を克服することでした。

又、私の住居は、交通量の多い地区でもあり、PM2.5などの有害物質も部屋の大気中から除去したかった為、この商品は一石二鳥でした。

私が迷った商品はSHARP製のプラズマクラスターです。

私は迷わずダイキン空気清浄機MCK70RY-Wに決めました。

理由は、ダイキンの空気清浄機やエアコンメーカーとしての知名度です。

私がダイキン空気清浄機MCK70RY-Wを購入した決め手は、コンパクトな大きさとシンプルなデザイン、そして、強力な空気清浄機能です。

乾燥した際、内臓のタンクに水道水をたっぷり入れてつけておくと、風邪予防にもなり、大変重宝しています。

この商品を購入して大正解でした。

ダイキン空気清浄機MCK70RY-Wを使った感想は、加湿機能のボタンをオンにした状態だと、最初、意外に音が耳に障ることでした。

ただ、大量の湿った空気を輩出してくれるので、その音も仕方ないと感じ、次第にその音にも慣れました。

又、実際の使い方は、料理の後、焼き物の煙が部屋に充満している時、空気が乾燥している時、などにこの商品を使用することが多いです。 

ダイキン空気清浄機MCK70RY-Wを使うときの注意点は、操作上の難しさなどはありませんが、加湿機能で必要な内臓するタンクの水を定期的に新しい水と交換する必要がある、ということです。

水も時々交換しないとタンクの中にカビが出来てしまうことがあるからです。

ダイキン空気清浄機MCK70RY-Wを使ったほうがいい人は、私のような、花粉症を患い、車の排気ガス・PM2.5や、乾燥した時期に喉がいがらっぽくなるような、空気に敏感な人、赤ちゃんと一緒に長時間同じ空間で過ごす方などに向いていると思います。

この商品を買おうか迷っている方で、初めてダイキン製の商品を購入する方は、ダイキンの加湿機能技術の良さを理解することと思います。

ダイキンはエアコンの方が有名ですが、デザイン性・機能性・ランニングコストの面からもダイキンは長持ちもしますし、非常に優れた白物家電メーカーです。

初期投資は少し掛かりますが、後で飽きの来ないシンプルなデザインも魅力の一つです。是非、お勧め致します。

タイトルとURLをコピーしました